【手汗を止める制汗剤の説明書】手掌多汗症歴30年以上の僕が徹底解説します!

「手汗を止める!」を実現するためのサイトです。

手掌多汗症の管理人が選ぶ、手汗を止めるおすすめの制汗剤はコレ!

 

ファリネ商品画像

手汗用制汗パウダー『ファリネ』

手汗を止める効果に優れ安全性の高い制汗成分「クロルヒドロキシアルミニウム」を配合。
パウダータイプのサラサラ感が僕のイチオシです!

 

たくさんの手汗用制汗剤を実際に試してきた手掌多汗症でもある当サイト管理人が実際に愛用中の制汗剤です。

 

ファリネの実力や気になる本音の部分をぶっちゃけています。
【ファリネ徹底検証!】ファリネってぶっちゃけどうなの??

 

このサイトは、「手汗用の制汗剤ってたくさんあって悩む!」「どれが一番効果がある制汗剤なの?」「私の手汗も止まるかな?」といった、手汗に悩む人が本当に知りたい手汗用制汗剤についての疑問を解決するためのサイトです。

 

当サイトでは手掌多汗症の管理人が実際に使用して効果を確かめたものだけを厳選して紹介しています。実際に使ってみたからこそ分かるそれぞれの効果や特徴を丁寧に解説しています。

 

あなたの手汗を止める「ちゃんと効果を実感できる手汗用制汗剤」の選び方がわかります。

 

そもそも制汗剤って手汗に効果があるの?

手汗を止める制汗剤を探す時に、「てか、そもそも制汗剤で手汗は止まるの?」と疑問に思う人も多いと思います。僕はこの疑問に自信をもってこう答えます。

 

管理人画像

 

 

手汗は制汗剤でちゃんと止まります。


なぜハッキリと断言できるかというと、僕は実際に制汗剤を使い続けていて、効果をちゃんと実感できているからです。(管理人は手掌多汗症と軽いワキガを患っています…涙)

 

僕は暑くない時でもびちゃびちゃになってしまうくらいのハードな手汗の持ち主です。そんな僕でも手汗用の制汗剤を正しく使うことである程度手汗をコントロールすることができています。

 

ちょっとした知識は必要

手汗用の制汗剤ならどんなものでも良いわけではありません。手汗に効果のある制汗剤を選ぶにはちょっとした知識が必要です。このサイトではちゃんと効果が実感できる手汗用の制汗剤を選ぶために必要な知識も詳しくお伝えしていきます。

 

手汗がひどくて人と手をつなげない人も、汗で思うようにスマホが反応してくれない人も、ノートや大事な資料が汗ですぐにぼわぼわになっちゃう人も、マウスやキーボードをすぐにダメにしちゃう人も、諦める必要はありません。

 

手汗を止める自分にピッタリの制汗剤を見つけて快適な生活を手に入れちゃいましょう!

 

当サイト管理人も愛用中!本当に手汗が止まる制汗剤⇒ファリネ

あなたにピッタリの制汗剤教えます!

あなたにピッタリの制汗剤はどれ?

手汗を止める方法として制汗剤を選ぶ時には、自分の手汗のことについてキチンと理解しておく必要があります。なぜなら手汗のレベルによって選ぶべき制汗剤は変わってくるからです。

 

ここでは、「手汗の量」と「手汗が出るタイミング」の2つの項目をチェックして自分の手汗の状況に合った制汗剤はどれか?を簡単に診断していきます。

 

2つの項目をチェックした後、あなたに必要な制汗剤はどれか?どんな使い方をするべきか?について、それぞれ管理人が選ぶおすすめプランを提案していきます!

 

まずは、「手汗の量」を確認!

手汗の量によってレベル1〜3の3段階に分類します。まずは、あなたの手汗がどのレベルなのか?確認しておきましょう。

”手汗のレベル”とは学術的に厳密に定義されているものではないのですが、便宜上分類して手掌多汗症治療などで広く用いられる”手汗の指標”となっているものです。

 

あなたの手汗レベルはどれ?

  • レベル1・・・手汗で手のひらが湿っている
  • レベル2・・・手汗で水滴ができてびちゃびちゃ
  • レベル3・・・ポタポタしずくが落ちる

 

どんな時に手汗が出る?

上記の手汗のレベルに加えて、手汗がでてしまうタイミングも人によって違います。ここでも大まかに3つのタイプに分けてみていきます。

手汗がでるタイミングは?

  • タイプ@・・・緊張した時や意識した時だけ出てしまう
  • タイプA・・・意識はしないが1日のうちで出るときと出ない時がある
  • タイプB・・・ほぼ一日中手汗か止まらない。

 

あなたの手汗レベルに合わせたプランを確認!

自分の手汗の状況をキチンと把握できましたか?あなたがチェックした項目を以下の表に当てはめて確認してください。

 

レベル1 レベル2 レベル3
タイプ@ Aプラン Bプラン Cプラン
タイプA Bプラン Cプラン Dプラン
タイプB Cプラン Dプラン Dプラン

 

Aプラン・・・【軽度の手汗】まずはリラックスすることが大切!

プランAリラックスする男性イメージ画像

手汗レベルは軽度で制汗剤を常用する必要はありません。「どうして手汗が出るのか?」「手汗は精神性発汗」この辺の知識を身に着けておくとリラックスして手汗を向き合うことができます。
どうしても手汗が気になる場合は制汗成分の濃度が低く低刺激な市販の制汗剤を使用することで十分に対応が可能です。

 

詳細はコチラ⇒軽度の手汗は「精神性発汗」予期不安をなくして手汗を止めよう!

 

 

Bプラン・・・【中等度の手汗】市販の制汗剤でも効果を実感できる

プランB・市販(ドラッグストア、薬局)のイメージ画像

使い方によっては市販されている制汗成分が低濃度の製品でもギリギリ対応できるレベル。ただ、市販の製品だとこまめに使用していても効果が得られるまでの期間が長くなってしまいます。

 

通販で購入可能な制汗力の高く安全性も高い制汗剤を使用することで、より短期間に確実な制汗効果を実感することができます。

 

詳細はコチラ⇒中等度の手汗は手掌多汗症の疑いあり?!塩化アルミニウムが有効です!

 

 

Cプラン・・・【高度の手汗】通販で高機能な制汗剤をゲット!

プランC・通販で購入する男性のイメージ画像

市販の制汗剤ではほぼ効果を実感することができないので、通販で購入可能な制汗成分の濃度が高い制汗剤を選ぶ必要があります。
通販の制汗剤は制汗効果を得やすい反面、市販の制汗剤よりはコストがかかってしまうというデメリットがあります。

 

詳細はコチラ⇒高度の手汗用制汗剤は継続できる安全性と価格で選ぶ!

 

 

Dプラン・・・【重度の手汗】安全性と制汗力のバランスを考えて選ぶ

プランD安全性と制汗力を比較する男性のイメージ画像

国産の高品質な手汗用制汗剤をメインに使用して場合によっては海外製の制汗成分が高濃度に配合されている制汗剤も取り入れた方がいい場面もあります。
ただ、海外製品は高濃度と比例してかゆみ、かぶれなどのリスクも高くなるので使用するには注意が必要になります。
詳細はコチラ⇒重度の手汗は安全性と制汗力のバランスが大事!