【手汗を止める制汗剤の説明書】手掌多汗症歴30年以上の僕が徹底解説します!

クリニークアンティーパースパイラントデオドラントロールオン(Clinique)

クリニークアンディーパース商品画像

女性用コスメブランド「クリニーク」が発売している制汗剤です。

 

正式名称が「クリニークアンティーパースパイラントデオドラントロールオン」となっています。長くて舌を噛みそうな名前ですね。

 

「アンティーパースパイラント(antiperspirant)」の意味はずばり”制汗剤”です。デオドラントは”消臭”とか”防臭”みたいな意味なので、まぁその名の通り「消臭、防臭を目的とした制汗剤」となっています。

 

このサイトでは手汗用の制汗剤だけを厳選して紹介しているのですが、このクリニークロールオンは実はわき汗用として発売されているものなんです。

 

わき汗用制汗剤は手汗に効果があるの?

手汗用の制汗剤だけを取り扱うはずの当サイトでどうしてこのわき汗用の制汗剤をピックアップしているか?と疑問に思われる方もいるかもしれませんが、管理人が手汗用制汗剤を探し始めた頃「制汗剤 手汗」と検索すると必ず上位にでてきたのがこのクリニークロールオンでした。

 

口コミサイトでも人気が高く、まだ制汗剤について無知だった頃の管理人は即効でこの商品を購入したのを覚えています。結果的には手汗に対しては期待した効果を得ることはできませんでした。

 

まぁ当然なんですけど。そもそも、クリニークロールオンは手汗を止めることを目的として作られていませんからね。このページでは中身についても一応詳しく解説しますが、中身は正直コンビニで売っているわき汗用制汗剤のちょっと高級バージョンといった感じです。

 

わき汗には一定の効果を発揮するでしょうが、手汗対策としては微妙です。手汗を止めるならクリニークロールオンはおすすめしません。

 

手汗を止める制汗剤当サイトイチオシはコレ⇒ファリネ

 

 

クリニークロールオンの全成分はこんな感じ。

クリニークには全部で10種類の成分が配合されています。有効成分に「アルミニウムヒドロキシクロリド(塩化アルミニウム)」を配合した医薬部外品の制汗剤です。

 

有効成分

アルミニウムヒドロキシクロリド(塩化アルミニウム)

 

消臭成分

  • ポリオキシエチレンセチルエーテル 
  • ポリオキシプロピレンステアリルエーテル
  • ポリオキシエチレンステアリルエーテル
  • 塩化ミリスチルジメチルペンジルアンモニウム
  • 塩化ラウリルジメチル(エチルベンジル)アンモニウム液
  • ジプチルヒドロキシトルエン

 

調整成分

  • 精製水
  • エデト酸 キレート剤 
  • ソルビン酸    防腐剤

 

 

クリニークロールオンの有効成分

クリニークロールオンに配合されている制汗成分はアルミニウムヒドロキシクロリド(塩化アルミニウム)のみとなっています。

 

アルミニウムヒドロキシクロリド

アルミニウムヒドロキシクロリドは制汗力に優れた成分でありながら、刺激性が低いことから「わき汗」「手汗」「顔汗」など使う場所を選ばずによく用いられる定番の制汗成分です。

 

アルミニウムヒドロキシクロリド自体に問題はありませんが、クリニークロールオンの場合国内向けのものと海外向けでは若干処方が違うらしく、配合量などに違いがあるそうです。

 

国内の店舗などで購入できるものは基本的に「日本処方」となっているのですが、ネット通販の場合「国産」なのか「海外輸入品」なのかが明確になっていない場合が多々あります。

 

後述しますが、クリニークはわき汗用制汗剤ということで消臭成分などに刺激性の強い成分が多数配合されています。これらの消臭成分に加えて制汗成分であるアルミニウムヒドロキシクロリドの配合量が海外向けということで増えればさらに刺激性が増すことになるので注意が必要ですね。

 

※今回、海外向けの有効成分の配合量を調べてみましたが、詳細を得ることはできませんでした。(国内向けは医薬部外品なので13%以下ですね)

 

 

クリニークロールオンの消臭成分

  • ポリオキシエチレンセチルエーテル 
  • ポリオキシプロピレンステアリルエーテル
  • ポリオキシエチレンステアリルエーテル
  • 塩化ミリスチルジメチルペンジルアンモニウム
  • 塩化ラウリルジメチル(エチルベンジル)アンモニウム液
  • ジプチルヒドロキシトルエン

クリニークロールオンには、数種類の「界面活性剤」が配合されています。界面活性剤と言えば洗剤やシャンプー、石鹸などで使用される洗浄成分として有名ですね。

 

この界面活性剤には匂いのもととなる物質と結びついて消臭する作用があり制汗剤だけではなく、トイレや部屋用の消臭剤にも広く使用されています。

 

ただ、界面活性剤は肌への刺激が懸念されるものも多く、特に合成界面活性剤といって自然界に存在しない形の界面活性剤は肌への刺激が強いとされています。

 

クリニークロールオンにはこの界面活性剤が他の制汗剤に比べて多く配合されています。もともと海外のコスメブランドですから配合量やレシピそのものが日本人の感覚に比べて強めに設定されているんですね。

 

手汗は匂いを発生しないエクリン腺の汗なので、そもそも「消臭や防臭成分」が必要ありません。手汗に必要のない消臭成分がたくさん配合されているあたり、まさに”わき汗用の制汗剤”といった感じです。

 

手汗用制汗剤には消臭成分は必要無し!

 

クリニークロールオンの調整成分は普通かな

調整成分は2種類確認できます。キレート剤としてエデト酸と、防腐剤としてソルビン酸が配合されています。

 

どちらも制汗剤だけではなく、化粧品などで広く使用される成分です。キレート剤とは水分中に含まれる金属成分と結びついて有効成分の働きが低下するのを防ぐ成分ですね。

 

キレート剤=エデト酸と言えるくらいメジャーな成分で、安全性が確認されている成分です。

 

クリニークロールオンは副作用とか肌への影響ってどうなの?

気になる肌への影響ですが、界面活性剤が多数配合されているという点でやはり「刺激性の強い制汗剤」ということができるでしょう。しかし、そもそも手汗を止めるためには必要のない成分ですから刺激性がどうこういう以前の問題なんですけどね。

 

「アルミニウムヒドロキシクロリド」が配合されているので、そこそこの制汗力は期待できますが、あえて手汗用にクリニークを選ぶ必要はありません。

 

価格が比較的手頃なので、わき汗用に持っておく分には問題ないと思います。

 

クリニークロールオンの価格。どこで購入するのが最安値?

クリニークロールオンの定価は2,160円(税込)。

 

クリニークブランドを扱っている店舗で購入が可能な他、楽天やAmazonといった大手通販サイトでも、もちろん購入可能です。
(クリニークの取扱店はコチラで確認できます。)

 

海外のブランドということで、日本向けのものと海外の直輸入品とがゴチャゴチャになっています。日本向けを購入するなら直接、店舗での購入する方が安心できると思います。

 

ただ、何度も言いますが「手汗を止める」のが目的なら購入する必要はないです。(断言)

 

↓↓手汗を止めるならクリニークよりこっちがおすすめです。↓↓


どれにしようか迷ったらコレ!

手掌多汗症の管理人が実際に愛用中!

ファリネ商品詳細画像

手汗用制汗パウダー『ファリネ』

たくさんの制汗剤を試してきた僕が、いろいろ比較した結果辿りついたのがファリネです。
■ファリネのお気に入りポイント
  • 手汗を止める効果が実感できる。
  • 手肌にも優しい配合レシピ
  • パウダータイプのサラサラ感が抜群

ファリネを定期購入して実際に愛用している管理人が本音をぶっちゃけています。
【ファリネ徹底検証!】ファリネってぶっちゃけどうなの??