【手汗を止める制汗剤の説明書】手掌多汗症歴30年以上の僕が徹底解説します!

コルクル(バルワード)

コルクル商品画像

コルクルは手汗用ハンドクリームでは珍しく”男性用”として開発されたもので、コルクルが行った自社アンケートによると半数以上が男性の購入者だそうです。

 

ただ、手汗の悩みに関しては男性、女性の性差は無いですから、男性が購入する決め手は効果ではなくパッケージデザインや公式サイトが男性ユーザーを意識したつくりになっているからではと推測します。

 

コチラがコルクルの公式サイトです。(⇒コルクル公式サイト)なんとなく男性ユーザーを意識しているのがわかります。

 

男性用といっても成分的に女性が使用してはいけないということではないので、女性でもコルクルに興味があるなら一度公式サイトを確認してみるといいかもしれません。

 

コルクルの特徴はメインの制汗成分に「フェノールスルホン酸亜鉛」を使用しているところです。多くの手汗用制汗剤ではクロルヒドロキシアルミニウムや塩化アルミニウムを採用する中、「フェノールスルホン酸亜鉛」を採用している理由とはどんなところにあるのでしょうか。

 

このページではその辺の成分についての解析や価格、定期コースの内容について詳しく解説していきます。

 

コルクル公式サイトはコチラ

 

 

コルクルの全成分を解析してみる

コルクル全成分表示画像

全部で23種類の成分が確認できます。ハンドクリームという性質上手汗を止める成分以外にもたくさん配合しないといけないんですね。

 

クリーム状にして品質を安定させるために配合されている成分がとても多くなっていますね。

 

コルクルの有効成分

  • フェノールスルホン酸亜鉛
  • シメン-5- オール(イソプロピルメチルフェノール)

 

サラサラ感演出成分

  • ジメチコン
  • 架橋型ジメチコン
  • シクロペンタシロキサン(シリコーン)
  • PEG-9 ポリジメチルシロキシエチルジメチコン(エモリエント効果)
  • メチルハイドロジェンポリシロキサン(ベタつき防止)
  • 架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体(サラサラ演出)
  • セリサイト
  • メントール

 

肌荒れを防ぐ成分

  • ワレモコウエキス
  • ヨクイニンエキス
  • 茶エキス-1
  • シャクヤクエキス

 

消臭・殺菌作用を持つ成分

  • 柿タンニン
  • 塩化Na
  • 炭酸水素Na
  • 炭酸Na

 

調整成分

  • 架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物(乳化剤)
  • クエン酸Na(キレート剤、ph調整、酸化防止剤)
  • エタノール、フェノキシエタノール、BG(防腐剤)
  • ジエチレントリアミン5酢酸5Na液(キレート剤)

 

コルクルの有効成分は2種類

コルクルの有効成分には制汗成分として「フェノールスルホン酸亜鉛」、消臭成分として「シメン-5- オール(イソプロピルメチルフェノール)」の2種類が配合されています。

 

フェノールスルホン酸亜鉛

制汗成分のフェノールスルホン酸亜鉛は”わき汗用”の制汗剤でとてもメジャーな成分ですが、手汗用の制汗剤ではあまり見かけない成分です。

 

手汗用に用いられる塩化アルミニウムやクロルヒドロキシアルミニウムと同じ金属塩で、収れん作用によって汗を止めるという仕組みもほぼ同じです。

 

どちらが制汗力が強いか?と言われれば感覚的なものになってしまいますが、管理人が使用した感覚だとクロルヒドロキシアルミニウムと塩化アルミニウムの方が制汗力は優れているように感じます。

 

シメン-5- オール(イソプロピルメチルフェノール)

こちらの成分も”わき汗用”の制汗剤ではお馴染みの成分で、だいたいフェノールスルホン酸亜鉛とセットになっています。「クリアネオ」「ノアンデ」「ラポマイン」など売れ筋のわき汗用制汗剤にはいずれもこの2種類の成分が有効成分として配合されています。

 

イソプロピルメチルフェノールは強力な消臭作用があってわき汗などで必ずついてまわる”ニオイ”の問題に抜群の効果を発揮する成分として知られています。

 

ただ、手汗にはわき汗のようなイヤなニオイを発する成分が含まれていませんから正直この成分が手汗を止めるために必要かと言われれば「絶対に必要な物ではない」ということになります。
(このサイトでは同じ説明を何回もしていますねw本当に必要無いんですー)

 

手汗を止める効果はありませんが、その強い殺菌・消臭作用はそのまま商品の防腐剤としての役割も果たしています。添加物が嫌われる時代ですからこういった肌に有効な成分で代用する製品が増えていますね。

 

 

 

サラサラ感を演出する成分がたっぷり

7種類のシリコーン成分が配合されていて使用後のサラサラをバッチリ演出しています。

  • ジメチコン
  • 架橋型ジメチコン
  • シクロペンタシロキサン(シリコーン)
  • PEG-9 ポリジメチルシロキシエチルジメチコン(エモリエント効果)
  • メチルハイドロジェンポリシロキサン(ベタつき防止)
  • 架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体(サラサラ演出)
  • セリサイト

成分の配合バランスは体臭予防クリームやわき汗用制汗剤にそっくりな内容となっています。シリコーン類が使用されている製品と言えば、リンスやコンディショナーが身近なものですね。

 

リンスやコンディショナーなどを使用したあとって手触り感をよくしてサラサラ感が良くなるじゃないですか。まさにあの原理をハンドクリームでも応用しているんですね。

 

気になるのは肌への影響ですが、シリコーンは肌表面を覆ってしまうので毛穴づまりの原因になるということでシャンプー業界では毛嫌いされていますが、手のひらには毛穴がありませんから毛穴づまりの心配はありません

 

むしろ、シリコーンで皮膜することによって肌を守ってくれるので管理人的には制汗剤のシリコーン成分というのはどちらかというと歓迎しています。多すぎるのもどうかな〜と思いますけど。やっぱり汗が止まってサラサラになると嬉しいですからね。

 

肌荒れを防ぐ成分?

  • ワレモコウエキス
  • ヨクイニンエキス
  • 茶エキス-1
  • シャクヤクエキス

肌荒れを防止する成分として「ワレモコウエキス」「ヨクイニンエキス」「茶エキス-1」「シャクヤクエキス」の4種類が確認できます。

 

これらの天然成分が使用時の制汗成分などによる刺激から肌荒れを防ぐとなっていますが、正直これらのエキスの配合量を知る方法はありませんし、効果の程がどれくらいあるのかは分かりません。

 

全成分表示の最後の方に記載されていることからおそらく配合量は少ない(1%未満)でしょうから、まぁ申し訳程度に配合されているものと思っていいと思います。

 

コルクルはまだ知名度がなくネット上での口コミが少ないですが、口コミをザーッと確認する限り、手荒れやかゆみ、かぶれなどの口コミはほとんど見かけません。

 

成分的にも特に気になる成分はありませんから、刺激性の低さという点は評価できます。

 

 

殺菌・消臭する成分も配合されています。

コルクルには「カキタンニン」「塩化Na」「炭酸水素ナトリウム」「炭酸Na」の4つを含め有効成分のイソプロピルメチルフェノールを合わせた5種類もの消臭・殺菌殺菌作用を持つ成分が配合されています。

  • 柿タンニン
  • 塩化Na
  • 炭酸水素Na
  • 炭酸Na

何度も繰り返しになりますが、手汗はニオイの元となる成分は無いですから、これらの成分は必要ないですけどね。

 

わき汗用制汗剤、体臭予防クリームなど汗に関連のある商品には必ずと言っていいほど配合される成分で、作る方も、これを入れとかないと気が済まないんじゃないでしょうかね。

 

何度も何度も言いますが、「手汗を止める」だけなら消臭成分は必要無いです。この成分入れるコスト削って安くしてくれよって思います。割りとマジで。

 

ちなみに、当サイトで一番におすすめしている「ファリネ」にはこのような消臭・殺菌成分がほとんど含まれていません。それでも困ったことは一度もありませんし、口コミ人気も絶大です。

 

管理人も「ファリネ」を半年以上愛用していますが不都合な点は無いですから、そういう経験的にも消臭成分は要らないと思ってしまう派なのです。

 

コルクルの調整成分

  • 架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物(乳化剤)
  • クエン酸Na(キレート剤、ph調整、酸化防止剤)
  • エタノール、フェノキシエタノール、BG(防腐剤)
  • ジエチレントリアミン5酢酸5Na液(キレート剤)

防腐剤、乳化剤、キレート剤などまぁ至って普通の成分が配合されています。

 

特に気になる成分もなく「クリーム」の品質を安定させるために最低限必要な成分が配合されているといった印象です。

 

本当に特筆することが無いです。(別に説明が面倒くさくなったわけではないです。)

 

コルクル全成分解説のまとめ

成分だけをみると本当に手汗用?わき汗の制汗剤のレシピをそのまま手汗用って言ってるんじゃないの?と思わせる内容になっています。

 

消臭成分入りますか?要らないですよね?
どうしてクロルヒドロキシアルミニウムとか塩化アルミニウムじゃなくてフェノールスルホン酸亜鉛なの?
わき汗用じゃ勝負できないと思って手汗用って言ってるんじゃないの?

 

などなど、いろいろな邪推をさせずにはいられない内容です。成分の配合自体は肌にも優しくサラサラ感も悪いとは言えません。

 

後述しますが、価格面も他の手汗用制汗剤と比べて悪くはない内容になっています。管理人が一番気になっているのは制汗成分に「フェノールスルホン酸亜鉛」を使用している点です。

 

レベル3の手掌多汗症となればちょっとやそっとの制汗力では止まりません。

 

やはりクロルヒドロキシアルミニウムや塩化アルミニウムに比べると制汗力の劣るフェノールスルホン酸亜鉛は”手汗用”の制汗剤として考えると評価が劣ってしまいます。

 

クロルヒドロキシアルミニウム配合の手汗用制汗剤「ファリネ」

 

コルクルの最安値は?どこで購入できるの?

手汗用制汗クリームとして発売してからまだ間もないコルクルは知名度も高くないので、まだ流通量自体が少ないです。

 

今回Amazon、楽天、ヤフオクで検索してみましたが取り扱いがありませんでした。したがって現在購入できるのは公式サイト経由のみとなっています。

 

コルクルはAmazon、楽天、ヤフオクでの取り扱いが無いイメージ画像

Amazon、楽天、ヤフオクなど大手では取り扱いが無い

 

公式サイトの価格ですが、単品通常価格が4,980円でそれに消費税と送料300円プラスすると5,678円になります。ちょっと高いですね。

 

ただ、コルクルには初月のみで解約可能な定期コースが用意されています(管理人のコルクル一番のおすすめポイントです。)

 

しかも返金保証までついているのでコルクルの場合、単品ではなく定期コースを申し込む方が断然お得です。

 

初月で解約可能で返金保証がついているのはかなり良心的な設定だと思います。本当に必要な人にだけ続けてもらいたいというメーカーの思いが見えますね。

 

定期コースの内容と返金保証について確認

コルクルの定期コース詳細画像

 

定期コースは2本を2ヶ月毎に送ってもらうコースです。1本が約1ヵ月分なのでちょうど無くなるころに届くようになっているんですね。

 

定期コースの価格は5,980円+消費税で6,460円です。1ヶ月分が3,230円なので通常で購入するよりも1本あたり2,450円もお得なんですね。

 

コルクル定期コースの解約方法

定期コースの解約は簡単です。商品を購入する時に住所や名前などを登録しますが、その時に自動的にマイアカウントページが作成されます。

 

コルクルの定期コースマイアカウントページ詳細画像

 

 

マイアカウントの「定期・頒布会お届けの確認・変更」から進んで「定期・頒布会のお届けの停止・休止」に進むと注文番号・お問い合わせ内容・詳細を記入するページに進むことができます。

 

ちなみに、「頒布会」は「はんぷかい」と読みます。定期コースのことですねー。

 

コルクルの定期コースマイアカウントページ解約方法詳細画像

 

それぞれ必要事項を記入して「次に進む」で解約は完了です。解約の後はせっかくなので返金保証も受けておきましょう。

 

コルクル定期コース解約時の返金保証の流れ

返金保証はまず事前にコルクルサポートの方に電話で「返金保証を受けたい」旨を伝えます。

 

次に返金を受けたい商品と購入時にもらった明細書、商品の容器、返金保証書の4点を同封してコルクル宛てに返送します。

 

返金保証を受ける流れ

  1. 事前にコルクルサポートに電話
  2. 株式会社バルワード宛てに返送

 

返金保証を受ける時に必要な物

  • 返金保証を受ける分の商品
  • 明細書
  • 商品の容器
  • 返金保証書

 

大事なポイントは「事前に連絡すること」そして「受け取ったもの全てを返品しなくてはいけない」の2点ですね。そのほかにも細い条件がありますから公式サイトか、サポートに電話して確認しましょう。

 

コルクルの返金保証に関する詳細はコチラで確認してください。
コルクル公式サイト「返金保証・返品について」

 

コルクルサポートセンター
Tel:03-5935-9797(月?金 10:00?20:00 祝日及び休業日除く)

コルクル公式サイトはコチラ


どれにしようか迷ったらコレ!

手掌多汗症の管理人が実際に愛用中!

ファリネ商品詳細画像

手汗用制汗パウダー『ファリネ』

たくさんの制汗剤を試してきた僕が、いろいろ比較した結果辿りついたのがファリネです。
■ファリネのお気に入りポイント
  • 手汗を止める効果が実感できる。
  • 手肌にも優しい配合レシピ
  • パウダータイプのサラサラ感が抜群

ファリネを定期購入して実際に愛用している管理人が本音をぶっちゃけています。
【ファリネ徹底検証!】ファリネってぶっちゃけどうなの??