【手汗を止める制汗剤の説明書】手掌多汗症歴30年以上の僕が徹底解説します!

緊張すると手汗が吹き出す!

「噴水のように手汗がでる」イメージのイラスト画像

緊張すると決まって手にびっしょりと大量の汗をかいてしまって困る!――こんな悩みありませんか?

 

当サイト管理人も緊張するとかなりの手汗をかきます。(緊張していなくてもヤバいのですが・・・)特に知らない人と話をする時は手汗を大量にかきます。女性と話をする時なんてまるで噴水のごとくプシャーって感じです汗汗汗

 

他にも仕事で大事な局面を迎えた時や、スポーツ観戦で興奮している時、怖い思いをした時やゲームをやっていてもう少しで最高得点!なんて時にもよくでます。

 

こういった大事な場面に限って吹き出してくる手汗って本当に厄介ですよね。できればこんな手汗なんとかしたい!って人がほとんどなのではないでしょうか。

 

このページでは「緊張した時に出る手汗を止める!」をテーマとして、

  • そもそもどうして緊張すると手汗をかくのか?
  • 制汗剤でこの手汗は止まるのか?
  • 効果的に止める方法はないか?

など”緊張と手汗”の関係や、緊張した時にでる手汗の対処法を詳しく見ていきます。

 

どうして緊張すると手汗をかくの?

手汗に悩む女性のイラスト画像

そもそもどうして緊張すると手汗をかくのか?――まずはこの疑問について説明しておきましょう。

 

緊張すると手汗をかいてしまうことは実は特別なことではありません。「手に汗握る」って慣用句があるくらいで人の身体には緊張や不安、興奮といった気持ちが揺れる瞬間に手に汗をかいてしまう機能がもともと備わっています。

 

この機能は、僕達がまだ木の上で生活をしていた時代の名残といわれています。かつて僕達の祖先は外敵から身を守るための手段として木の上で生活をしていました。

 

木の上で生活していても完璧な安全とはいえず、身の危険がせまると急いで逃げる必要があったのです。急いで逃げる時に滑って木から落ちないように手や足に滑り止めとして汗をかくように進化しました。

 

この滑り止めのために出す汗こそが、現代の僕達が苦しんでいる手汗のルーツなのです。僕達の祖先は「命の危険が迫る時」、つまり身体が緊張する時に素早く手汗をだすことができないと命を奪われるような環境にあったんです。

 

今では身に危険が迫った時に急いで木から木へと逃げる必要なんてないですが、遺伝子は脈々とこの仕組みを受け継いでしまったのです。(ありがた迷惑な話ですね・・・。)

 

緊張すると出る汗は精神性発汗

 

このように緊張や不安、興奮、ストレスといった精神的なものが要因となって出てしまう手汗を精神性発汗と呼んで他の発汗と区別しています。(人間の発汗には他にも体温を調整するためにかく温熱性発汗や辛いものや熱いものなど刺激のあるものを食べたときにでる味覚性発汗があります。)

 

発汗には3種類ある

  • 温熱性発汗・・・暑くなったらでてくる体温を調整するための汗
  • 味覚性発汗・・・辛いものなど刺激性のあるものを食べると出る汗
  • 精神性発汗・・・緊張や不安など精神的な要因で出る汗

 

精神性発汗は人間なら誰しももっている機能ですから、ことさら気にする必要などないのですが、中には自分の手汗は他の人よりも多いのでは?という悩みを抱えている人もいると思います。

 

実は、他人の手汗と比べてしまうことも手汗を増やしてしまう原因となっています。先程もいったように、手汗は精神的なものが原因となっていますから手汗を気にすること自体がストレスとなり精神性発汗をさらに誘発してしまうのです。

精神性発汗を止める方法は?

精神性発汗を解剖学的に分析するなら、「身体が緊張に反応してから手汗が出るまでの一連の流れ」は反射神経の働きによるものでなので意識的にコントロールすることができないということになります。

 

熱いものを触ると身体が勝手に反応してパッと手を離しますよね?すっぱいもの(例えば梅干し)が口の中に入っているのを想像してみて下さい。自分の意識とは無関係に唾がにじみ出てきませんか?

 

これらの反応はすべて神経による反射と呼ばれる現象で、精神性発汗が出る時はこれらの現象と全く同じ原理が働きます。

 

汗をかきたくない!とどんなに頑張っても一度緊張を感じてしまうと身体が勝手に反応して手汗はでてくるものなのです。そしてこれは神経の反応なので基本的には止める方法はありません。

 

予期不安を無くすことで手汗を抑えることができる!

一度緊張や不安を感じてしまうと止めることができないと言いましたが、これを深読みすると「緊張や不安を感じなければ手汗はでない」とも読み取れます。そして、現に精神性発汗を抑えようと思ったら緊張や不安を感じなくするのが効果的なのです。

 

とはいっても、緊張や不安を感じなくするなんて無理だよ!って思うかもしれません。もちろん不意にやってくる恐怖をとっさにかわすことはできませんし、重大な局面に遭遇して緊張しないようにするのはほぼ不可能です。

 

しかし、人間の緊張や不安などの心理面にはコントロール可能な部分があって、それが予期不安と呼ばれる心理現象です。

 

予期不安とは自分の経験を元にして、「ここで手汗が出てしまうんじゃなか?」と予想して不安になることを言います。「今ここで手汗が出るのはマズイ!」とか「緊張してはいけない!」と考えると逆にそう考えてしまうこと自体が緊張や不安を増幅してしまうのです。

 

こういった予期不安を止める方法として有効なのが心理学で「逆説志向」と呼ばれる考え方です。

 

逆説志向とは、手汗をかいてはいけないと思う場面であえて、「さぁ、どんどん手汗をかくぞ!」と意気込んだり、「手汗のおかげで乾燥の悩みがない俺はラッキーだぜ!」と開き直ることで緊張や不安といった心理的なストレスを和らげる考え方です。

 

ちょっと極端な感じがすると思いますが、極端に開き直るくらいの方が予期不安を抑えるのに効果的なんだそうです。(←これは僕が勝手に言ってるわけではなくて、心理学の偉い人が真面目に語っていることなのです!)

制汗剤は精神性発汗に効果があるの?

たくさんの手汗用制汗剤画像

精神性発汗を止めるには予期不安を抑えることが効果的で、手汗用の制汗剤を使用するのは予期不安を無くすという意味でとても有効です。

 

手汗用制汗剤で物理的に手汗を止めるのはもちろん、「制汗剤を使っているから安心だ!」と思えることで余計な心配や不安を消して心理的にも手汗を抑えることができるのです。

 

「物理的に手汗を止める効果」「予期不安を失くして心理的に手汗を抑える効果」。ちゃんとした手汗用の制汗剤を使用することでWの効果を得られるわけです。

 

制汗剤を使っているから安心だという心理的な効果を「お守り効果」と呼びます。(←これは僕が勝手に言ってます。ちゃんとした心理学用語ではありませんw)

 

お守り効果を最大限に引き出してくれる手汗用制汗剤

制汗剤によってお守り効果を引き出すにはもちろんちゃんと手汗が止まる制汗剤じゃないと意味がありません。「手汗が止まる!」と実感できるからこそ安心が得られるわけです。

 

軽い手汗くらいなら市販で打っているような制汗剤でも止まりますが、びちゃびちゃになるくらいの手汗や普段から手汗が止まらないといった重度の手汗なら通販でのみ取り扱っているような高機能な手汗専用の制汗剤を使うことをおすすめします。

当サイトおすすめの手汗用制汗剤

ファリネ商品画像

ファリネ(アスクレピオス製薬)

通販限定の高機能な手汗専用制汗剤。
ファリネは手肌が荒れにくい肌に優しい成分をメインとしています。制汗力も抜群で、手のひらの多汗症でもある僕が定期購入して愛用しているものです。ちょっと価格は高いですが、定期コースならかなりの割引価格で購入できますから気になる人は公式サイトを一度確認してみて下さい。

 

通販の高機能のじゃなくて、市販の安いのでいいよ!って人はオドレミンを試してみましょう。オドレミンは塩化アルミニウムと呼ばれる制汗力の高い成分だけのシンプルな制汗剤で価格も1000円ちょっとと比較的安く手にい入れることができます。

 

ただ、オドレミンは通販系の製品に比べると制汗力や安全性という点で劣ります。自分の手汗のレベルに合わせて選びましょう。

オドレミン商品画像

オドレミン

市販で購入可能な塩化アルミニウムの制汗剤。
塩化アルミニウム濃度が薬事法で指定されている上限となる13%とかなり高濃度で配合されていますから制汗力は期待できますが、同時に「刺激性」については十分に注意が必要です。(毎日使うと手肌ががっつり荒れて制汗剤どころじゃなくなります。)

 

他にも当サイトでは手汗用の制汗剤について細かくリポートしていますから、気になる制汗剤があればチェックしてみてください。

 

手汗用制汗剤選びの参考になります。⇒【厳選】手汗を止める!手汗用制汗剤ランキング

まとめ

緊張と手汗の関係がわかってもらえたでしょうか?このページで説明してきたことをやや強引にまとめるとこんな感じ。

 

  • 緊張して出る手汗は精神性発汗
  • 精神性発汗は誰にでもある普通のこと
  • 一度出だすと意識的に止めることはできない
  • 予期不安を抑えるのが効果的
  • 手汗用の制汗剤を使えばWの効果で抑えることができる!

 

つまり緊張による手汗は精神的なものが一番大きな要因となっているので、まずはコントロール可能な「予期不安を抑える」ということから始めると良いよ!っていうお話でした。


どれにしようか迷ったらコレ!

手掌多汗症の管理人が実際に愛用中!

ファリネ商品詳細画像

手汗用制汗パウダー『ファリネ』

たくさんの制汗剤を試してきた僕が、いろいろ比較した結果辿りついたのがファリネです。
■ファリネのお気に入りポイント
  • 手汗を止める効果が実感できる。
  • 手肌にも優しい配合レシピ
  • パウダータイプのサラサラ感が抜群

ファリネを定期購入して実際に愛用している管理人が本音をぶっちゃけています。
【ファリネ徹底検証!】ファリネってぶっちゃけどうなの??